« 氷菓 | トップページ | あられもない祈り »

2010年11月 1日 (月)

主よ、永遠の休息を

胸の悪くなるような事件を扱った本なのに安心して読めます。後味も悪くないです。主人公の記者の鶴田の人柄のせいなのかもしれませんが、誉田哲也さんの書くキャラクターは愛すべき人が多い気がします。


| |

« 氷菓 | トップページ | あられもない祈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主よ、永遠の休息を:

« 氷菓 | トップページ | あられもない祈り »