« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

しあわせと勘違いしそうに青い空

富士本由紀さんの正統派ダメ男小説です。47才の匡は23才の元ヤンキーの都詩と暮らしながら年下の彼女に生活費を頼っているダメ男です。彼女の42才の母親とも親密で元彼女の逸子とも再会してつきあうというだらしなさ。全く行き当たりばったりな人生を送るこの主人公にいらつくかと思うと、そうではなくて読後感は意外とさわやかでした。ラストが良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

小学生から新聞を読む子は大きく伸びる!

池上彰さんの本です。前の「週刊こどもニュース」のお父さん役だったのですね。その当時は見ていなかったですが、最近報道番組に出ておられる時も穏やかでわかりやすい話し方をされるので好きです。当然ながら池上さんは文章もわかりやすいです。この本を読んで新聞をますます丹念に読む気になりましたが、子供に新聞を読ませるには大人が手本を示しましょうってところだけが印象に残っています。良い新聞を選び、読ませる記事も厳選しないといけないなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

るり姉

椰月美智子さんの小説は初めて読みました。冒頭で、あーあまりにもありがちな。。。と少しうがった読み方をしてしまったので(全く勘違い)開人の章で泣いてしまいました。目次を見れば一目瞭然という人もおられますが、私はこの仕掛けにまんまとやられました。予想外でした。明るく健全な一家の話に心が癒されました。タイトルはるりあねじゃなくてるりねぇって読むのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

ウニバーサルスタジオ

『年収150万円一家』の森川弘子さんのご主人、北野勇作さんのSF小説です。すごく面白いです。大阪をテーマにしたアトラクションがある、ウニバーサルスタジオを描いています。パロディとダジャレが満載で主人公がいないのでちょっと、え?となりますが延々と面白話を友達としている感覚に陥ります。著者はツイッターでも魅力的なつぶやきをされておりますが、その面白さは才能だなぁと尊敬しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

年収150万円一家

SF作家の北野勇作さんの奥様の森川弘子さんのコミックですが、イラストエッセイっていう感じです。節約というと、あれもしない、あれも我慢ってイメージですが、3人家族でアグレッシブに行動するこのジャンルは節約本の中では新しいと思います。だからこの本ってすごく売れてるんですね。カワイイイラストと森川さん自身のお料理の腕に驚きつつ、この本は私にとってのジャンルはSFだと思いました。ご主人の北野勇作さんのファンだったので、意外な生活ぶりにびっくりしました。YouTubeにテレビで放映された一家の生活ぶりが実写で見ることができます。パソコンを叩きながら原稿を執筆されている北野さんに視聴者からパソコンをあげますと連絡が来たらしいですが、ご本人がツイッターで気に入っているので要りませんと断っておられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

ともしびマーケット

朝倉かすみさんの本を読むのはは2冊目だと思います。「田村はまだか』の著者のスーパーマーケットを舞台とする連作短編集というレビューを目にして即、読んでみました。古めかしい文章をわざと使っておられるらしく、読後の後味がとてもしみいるようでいい感じだと思います。ただ私にとってのスーパーマーケットはワクワクする刺激的な場所なので、この本の舞台となる北海道の小さなスーパーの物悲しさは期待はずれでした。北海道の土地勘がないからか、あまり物語に入っていけなかった気がします。最後の章でいきなりスピードアップするのにも違和感を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

横道世之介

80年代の大学生、横道世之介が主人公です。著者の吉田修一さんの実体験なんでしょうか、すごく面白かったです。こういう人いるいるって引き込まれました。私も大学の同級生を思い出しました。英語の授業で隣だった人です。急に揮発性の匂いがしてきて、隣を見ると白帯をマジックで塗っていて「なにしてんの?」と聞くと「今日から黒帯やねん。」とにっこりしていた空手部の彼です。みんな自分の世之介がみつかるんじゃないでしょうか。
主人公の1年間を描いたものですが、登場人物の20年後も途中で語られて飽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

ツイッター140文字が世界を変える

ツイッター本をもう一冊読みました。こちらの方が実践編でしたがやっぱり思い切って始めるのが一番近道って感じがします。ツイッターを利用した事例やインタビューなどが載っているのでよりツイッターの面白さがダイレクトに伝わってくる気がします。ツイッターを通してシャトル打ち上げの観覧席に招待された人の話には感動しました。世界に繋がっているのだからそういうことも現実に起きるのです。まだ始めて1ヶ月半ですが、すっかりツイッターのトリコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »