« シズコさん | トップページ | 婚約の後で »

2009年4月 9日 (木)

森に眠る魚

角田光代は最近ミステリータッチの作品が続いているような気がします。1999年に文京区で起きた顔見知りのママ友による幼児殺害事件をモチーフにしています。以前男性作家が書いた同様の小説を読んだのですが(新堂冬樹の『砂漠の薔薇』)、それよりもずっとリアルでした。ヒロインは東京の文教地区に住む5人の母親たちです。千花、容子、繭子、瞳、かおりは小さな子どもを持つママ友です。登場人物一人一人に憑依したかのような角田光代のリアルな文章は恐ろしかったです。

|

« シズコさん | トップページ | 婚約の後で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森に眠る魚:

« シズコさん | トップページ | 婚約の後で »