« 息がとまるほど | トップページ | そろそろくる »

2007年7月 2日 (月)

クレオパトラの夢

恩田陸の『クレオパトラの夢』を読みました。『MAZE』の神原恵弥が再び事件を探るシリーズ第2作です。30代独身の容姿端麗で頭脳明晰な男、でもオネエ言葉をしゃべる神原恵弥が主人公です。今度は国内で謎を探るのですが、なかなか楽しく読めました。恵弥の双子の妹も出てくるのですが、彼女のキャラは全然好きになれません。3作目もでたら、きっと読みますけど。

| |

« 息がとまるほど | トップページ | そろそろくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレオパトラの夢:

« 息がとまるほど | トップページ | そろそろくる »