« 見えない誰かと | トップページ | 年に一度、の二人 »

2007年7月23日 (月)

あの頃ぼくらはアホでした

集英社文庫のナツイチのおまけで、はちさんのストラップがもらえるので今買うのは集英社文庫ばかりです。全部コンプリートしたいけど、まだ5つです。女王蜂ほしいなぁ。で、東野圭吾のエッセイを買いました。久々に笑ってしまいました。何度も「あっほやなぁ」「あほちゃうか」と独り言をいいながら。恐いです。大阪の下町での小学校生時代から大学を出て就職をするまでの自伝エッセイです。私よりもかなり(!)年上ですが、昭和の大阪って面白かったよなぁ。東野圭吾の本は数冊しか読んでいないのですが、前々からこの人の写真を見ては、かっこいいなぁと思っていたのですが、ますます好きになりました。大阪府大は友達のお兄さんが通っていて女子高生の頃に一度学園祭を見に行ったことがあります。(何の自慢や?)でもね、当時はかなりダサかったです。今はサラサラヘアのさわやか男子がいるのかな。

| |

« 見えない誰かと | トップページ | 年に一度、の二人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの頃ぼくらはアホでした:

« 見えない誰かと | トップページ | 年に一度、の二人 »