« 万寿子さんの庭 | トップページ | 見えない誰かと »

2007年7月18日 (水)

ありがとう、さようなら

瀬尾まいこの小説が大好きです。あたたかくて、優しくてほろっとします。全部読んでいるし、ほとんど持っています。ほとんど持っているというのはとても素敵すぎて、つい人に薦めたくなって読んでみてとプレゼントしてしまうのです。だから同じ本を何冊も買ったりしますが、もしかしたらひと迷惑だったりするかもしれません。『ありがとう、さようなら』はエッセイ集です。冒頭に教頭先生に学級通信と区別つかんわやと言われたと書いてありましたが、そんな感じです。生徒思いで優しい先生の学級通信は学校に通う子どもを持つ親にはじーんとくるのではないでしょうか。時折まじる関西弁と先生という仕事が大好きで毎日楽しく嬉しそうな様子が熱く伝わってきます。でも決して熱血先生じゃなくて普通の若い女の子の感覚で書かれていて、本当にかわいいです。先生になる人って本当に教えることが大好きなんだと思っていたのですが、それだけじゃないのですね。自分より倍ぐらい年上のママさんたちの前で2時間もプレゼンしたり、おつきあいしたり、生徒と一緒に活動したり体を動かしたりと大変です。瀬尾まいこは現役の中学の国語の先生です。生徒と一緒になにかするのが大好きで毎日楽しくて、ありがとうって思っているそうです。自分の好きなことを仕事にできるって幸せなことです。

| |

« 万寿子さんの庭 | トップページ | 見えない誰かと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、さようなら:

« 万寿子さんの庭 | トップページ | 見えない誰かと »