« ありがとう、さようなら | トップページ | あの頃ぼくらはアホでした »

2007年7月19日 (木)

見えない誰かと

瀬尾まいこのエッセイを続けて読みました。こちらの方が先に出ていたのですが、断然『ありがとう、さようなら』の方が面白かったです。『見えない誰かと』は家族のことや自分のことが書かれており、生徒や学校のことは少しです。『図書館の神様』にはやはりモデルがいたんだなぁと思いました。本当の学校生活は小説やドラマのようにはいかないと書いておられますが、この人の手にかかったら小さな出来事もドラマのようです。「ちびっこ」に登場する中学生のU君がかわいくてファンになりました。

| |

« ありがとう、さようなら | トップページ | あの頃ぼくらはアホでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えない誰かと:

» 日本小説ブームの理由は? [植松のブログ]
いいことですね。日本人独特の繊細な表現が世界に通じて行くようになるといいですね [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 13時43分

« ありがとう、さようなら | トップページ | あの頃ぼくらはアホでした »