« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月29日 (火)

MAZE

恩田陸の『MAZE』を読みました。今回は神原恵弥(めぐみ)という名のかっこいい男の人が主人公でした。30代の男なのですが、なぜか言葉使いが女性なのです。恵弥が語ることには、見た目がかっこ良すぎるので正反対のキャラを演出して人間関係を円滑にしようとしているらしいです。本題のストーリーはさらっと流し読みしてしまったのにこの部分だけ妙に心に残りました。最近ママ同士の人間関係、めんどくさーっと思うことも多く、実践してみようかな。やはり正反対ならザーマスキャラかなと思ったりするのですが、ママ友の中ではよけいに人間関係がややこしくなりそうです。仲良しのお友達に私の正反対キャラってなんだろうって聞いてみたら、男キャラがいいよと言うのですが、「ういっす」「重いっす」なんて家での私と変わんないじゃん!ってことで、外での自分が一番正反対キャラだったりして。反対の反対で....なんて考えてると増々ややこしくなってきました。失敗の失敗は成功なのだってバカボンパパみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

きつねのはなし

『鴨川ホルモー』を読んだ後の興奮がなかなか収まらなくて、「京都」「魑魅魍魎」「剣道」というキーワードでついつい本を選んでしまいます。森見登美彦の『きつねのはなし』もそのキーワードでヒットしそうな短編集でした。それぞれの短編の登場人物は違うし、ストーリーもつながっていないのですが、「芳蓮堂」という骨董品屋が毎回出てきます。その店にかかわる人は不思議な出来事に遭遇するって....これは怪談じゃないですか!イタチのようなケモノと狐の面も毎回出てきて、コワイー。恐い話が苦手な私は、読まなきゃよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

ティッシュペーパーボーイ

有吉玉青の『ティッシュペーパーボーイ』も恋愛短編集でした。ティッシュを配るお兄さんが主人公の小説ではなく、なにが関係あるの?っていう登場の仕方でしたが、最後には、ははーんと分かりました。初めて読む作家でしたが、なんだか文章が上手で読みやすいなぁと思ったら、有吉佐和子の娘でした。文才は遺伝するのですね。ひとつひとつのストーリーも興味深く、引き込まれました。私には全編ハッピーエンドに思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月20日 (日)

このベッドのうえ

野中柊の『このベッドのうえ』を読みました。恋愛短編集なのですが、すらすらーっと読んでしまってあまりどれも印象に残りませんでした。最近読んだ長編がみんな面白すぎたからかもしれません。恋愛の高揚感を思い出すって触れ込みだったので読んだのに、期待外れだったのは私だけかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

タイドプール

長江優子の『タイドプール』は児童文学みたいです。こどもの本の売り場においてあったし、字が大きくふりがなもふってあったりします。小学5年生の女の子、えり子の日常が描かれています。新しいお母さんが来たり、お友達とのケンカや思ってもみなかった大役をまかされたりで、忙しい毎日を過ごしています。特に大きなストーリー展開もなく、装丁は大人向けのような山本容子の落ち着いたトーンの版画で本当に小さい人が手に取って読んでみようと思ったりするのかなと不要な心配をしてしまいました。もしかして、まま母が義理の娘に「これ、読んどきなさい」って手渡したりする本だったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

スコーレNO.4

宮下奈都の『スコーレNo.4』は古道具屋の娘に生まれた麻子の中学生から大人になるまでの成長物語です。読みはじめたときは自分よりかわいい妹にいじいじと嫉妬したり友達の言うなりになる覇気のない子の愚痴物語なのかと思ってうんざりしました。でもそれはこの作家の繊細で丁寧な筆致なんだとわかると俄然面白くなって物語の世界に引き込まれていきました。初恋のドキドキ感や従兄弟のお兄さんに抱く恋心、愛しくて憎らしい妹への複雑な思いが丹念に描かれています。麻子が就職してから俄然輝き始めて、すてきな恋に出会ったときは、自分が知ってる人のことのように嬉しくて、胸が高鳴りました。何年も会わなくても昔からの友人やいとこに会ったときのほわっと心が温かくなる感じが蘇りました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月12日 (土)

少女七竈と七人の可愛そうな大人

桜庭一樹の『少女七竈と七人の可愛そうな大人』を読み終わり、うっとりとしてしまいました。まるで詩を読んでいるかのような美しい文体と美しく生まれた男女の純愛のストーリーに読み終わってからもしばし呆然としてしまいました。この読後うっとり感は『トリスタンとイゾルデ』を読んで以来かもしれません。桜庭一樹は全部読まないといけません。でもなぜか、読んでる途中は森見登美彦が作者だと勘違いしていて、次は『夜は短し歩けよ乙女』を買いに行こうと心に決めていました。ブログを書く時に間違いに気付きました。あ、装丁が似ているからかしら。お話の舞台は旭川です。幻想的なイメージで語られていますが、現実の旭川はもっと都会です。しかも夏はしっかりと暑くてあまり東京と変わりません。でも今度行くときはもう少し違った目で街を見られるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月11日 (金)

週末ジャパンツアー

杉浦さやかの本は全部持ってます。新しいのが出ていたので早速買いました。新しい本を見ると、また前のを見たくなって何度も読み返しています。お得です。イラストレーターなので、絵がメインですが文章もかわいくてちょっと笑えて大好きです。以前綴じ込みはがきでアンケートに答えて送ったら、ご本人からマ−マリングト−クという不定期で出している新聞が送られてきてたいそううれしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 9日 (水)

草原の輝き

野中柊の『草原の輝き』の文庫版が出ていたのでヨガの行き帰りの電車の中で読みました。野中柊の文章は透明感があってとてもきれいなので好きです。でもこのストーリーはあまりにも悲惨で悲しすぎて、感情移入できませんでした。傷付いた人の繊細な精神状態って図太い私には理解を超えてしまうのでした。悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

悲しき人形つかい

自分が文系人間だからか理系の人に憧れます。話していると楽しいし、理系の人のイメージは東野圭吾と藤木直人だし、背が高くてかっこいい感じがするのは私だけでしょうか。昨日やっと梶尾真治の『悲しき人形つかい』を読み終わりました。なんでこの本を買ったのか思い出せなくて、ロボット作る理系男が出てくるからなのか、アマゾンでおすすめされるがままに買ったのがいけなかったのか、さっぱりわかりません。やたら死体がでてくるし、全然楽しくなかったです。以前読んだ五十嵐貴久の『2005年のロケットボーイズ』は、本当に面白かったです。理系青春小説です。落ちこぼれと引きこもりの高校生が人工衛星を作るストーリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

削除ボーイズ0326

方波見大志の『削除ボーイズ0326』には軽く裏切られました。自分の人生の出来事を「削除」できる装置の話、主人公は小6の男の子、軽そうなタイトルから見て児童文学的な軽い内容なのかと思って読みはじめてしまいました。ストーリーは思わぬ方向に向かい、後半はページをめくる手ももどかしく息苦しくなりました。結末はさわやかに終わっているけれど、後味は悪かったです。でもこの作家の次回作が出たら必ず読んでしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

鹿男あをによし

万城目学の『鹿男あをによし』が出ていたので早速読みました。『鴨川ホルモー』を最近読んだので、まだ興奮さめやらぬって状態で新刊を手にできてラッキーでした。この本も一気読みでした。今回は女子高に非常勤で赴任する若い男の先生のお話です。剣道部の顧問になるのですが、剣道の試合のシーンは手に汗握るって感じで昔を思い出しました。中学生の時に剣道部だったのですが、もっと本気でやってればなぁと今さらながら後悔してしまいました。なんだか最近は魑魅魍魎系のストーリーばかり読んでいる気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

りぼん

こどもが風邪を引いて寝ているときはいつも『りぼん』を買ってあげます。本当は毎月買いたいのですが、読み切れずにどんどんたまってきてしまうので、病気で休んでいるときだけにしています。昨日本屋さんに買いに行ったらお店のおじさんに「りぼんは明日発売日だよ」と言われ、先月号はすでに売り切れていたので、今朝開店と同時に行くと、いつものおじさんに「はい、ちゃお」と『ちゃお』を渡され、なぜか恥ずかしかったです。子どもの頃にずっと『りぼん』を買っていました。付録は紙で組み立ててできる筆箱とかアクセサリー入れとかで、すぐに壊れてしまうのですが、陸奥A子のレターセットなんかはとっても大事にしていました。まだあるかも?最近のマンガの付録はすごいです。本当に使える、布やビニールのバックや缶のペンケースが付いています。今月号もポーチもファスナー付きでかわいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »